ここから本文です

巨人・亀井が先制の2点二塁打「今年、初めての得点圏で打てて良かった」

4/17(水) 18:59配信

デイリースポーツ

 「巨人-広島」(17日、リブワーク藤崎台球場)

 巨人の亀井善行外野手が、先制適時二塁打を放った。

 初回広島が1死満塁の好機で、松山が遊ゴロ併殺打で無得点。チャンスを逃すと流れは巨人に。

 2死からビヤヌエバの左前打。岡本の左越えエンタイトル二塁打で二、三塁とし、亀井が野村の低めの変化球にしぶとく食らいつき、右翼線へはじき返した。「打ったのはチェンジアップ。今年、初めての得点圏だったので、打ててよかった」とコメント。

 熊本でのカープ戦、チームは4戦4勝。相性のいい地でベテランが貴重な先制点をもたらした。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事