ここから本文です

NGT山口真帆 21日の千秋楽公演に出演決定…謝罪以来3カ月ぶり公の場に

4/17(水) 19:04配信

デイリースポーツ

 昨年12月に男性2人から暴行される被害を受けたアイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が、21日に新潟市のNGT48劇場で行われるチームGの「逆上がり」公演に出演することが17日、分かった。同グループの公式サイトで発表された。NGTは現存するNとGの2チームの解散を発表しており、両チームにとって21日が「千秋楽公演」となる。なお、柏木由紀がこの千秋楽公演をもって兼任が解除されることも発表となった。

【写真】手も足もガリガリ…気丈に舞台出演した山口真帆の姿にファン驚き

 山口が公の場に姿を見せるのは、暴行騒動を自ら謝罪した1月10日の「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」以来、約3カ月ぶり。山口はチームGの副キャプテンを務めている。

 千秋楽公演について、運営会社のAKSは今月11日、メンバーと話し合った上で開催を決めたことを発表した。だが山口は12日に自身のツイッターで、運営側が山口ら一部を除いたメンバーに公演開催を一方的に通告したと推測する内容の、一般人によるものとみられるツイートに「いいね」で反応。公演開催に反発していることを示唆しており、出演するかどうかが注目されていた。

 山口は今年1月8日、自身のSNSなどを通じ、昨年12月に新潟市内の自宅で男性に暴行され、一部メンバーが騒動に関わっていると訴えた。同10日の公演では、騒動について謝罪。2月1日には騒動について検証する第三者委員会が発足し、3月21日に報告書を発表し、メンバーの関与を否定した。

 3月22日に新潟市内で行われたAKSによる会見でも、運営側は重ねてメンバーの関与を否定。これに対し、山口は会見中に自身のツイッターで「なんで嘘ばかりつくんでしょうか」などと反論し、運営側の主張を否定していた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事