ここから本文です

国民・玉木氏「最初から負け」 日米貿易交渉巡り

4/17(水) 16:40配信

共同通信

 国民民主党の玉木雄一郎代表は17日の記者会見で、日本が対象を物品関税に絞りたい日米貿易交渉で対象範囲の確定が見送られたことについて「対象を議論すること自体、最初から負けている。既に押し込まれている印象だ」と指摘した。

 米側の農産物輸出拡大要求に触れ「日本側に攻めるものがなく、負けをどれだけ抑えるかの交渉になっている。国益を考えたときに結果が心配だ」とも述べた。

 共産党の穀田恵二国対委員長も会見で「事実上の自由貿易協定(FTA)交渉になるとしたわが党の懸念通りになっている。交渉自体やめるべきだ」と語った。

最終更新:4/17(水) 16:47
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ