ここから本文です

JAL、2019年6月~7月の燃油サーチャージ引き上げ。韓国は500円、ハワイは6000円

4/17(水) 17:31配信

Impress Watch

 JAL(日本航空)は4月17日、6月1日から7月31日までに発券する国際線航空券の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)について発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 2019年2月から3月のシンガポールケロシン市況価格の2か月平均は1バレルあたり78.97ドルで、同期間の為替平均は1ドル=110.79円であったため、円貨換算額は8749円となり、適用条件表の8000円以上9000円未満の「Zone C」を適用。前回(4月~5月発券分)の大幅な引き下げから1段上昇した。

2019年6月~7月発券分の燃油サーチャージ(1区間/片道)

韓国/極東ロシア:500円
韓国以外の東アジア:2500円
グアム/フィリピン/パラオ/ベトナム/ロシア(イルクーツク):3000円
タイ/シンガポール/マレーシア/ロシア(ノヴォシビルスク):4500円
インドネシア/インド/スリランカ/ハワイ:6000円
北米/欧州/中東/オセアニア:1万500円円

トラベル Watch,編集部:稲葉隆司

最終更新:4/17(水) 17:31
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事