ここから本文です

超広視野角のスマホVRゴーグルをドコモが開発、レンズを工夫

4/17(水) 17:38配信

Impress Watch

 NTTドコモは、スマートフォンを取り付けるタイプの「VRゴーグル」において、広い視野角を実現した「超広視野角VRゴーグル」を開発した。今後、このVRゴーグルを用いたエンターテイメント向けサービスや、ライセンス提供を検討していく。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回開発された「超広視野角VRゴーグル」は、レンズ部分を改良。中心視野用の凸レンズに加えて、周辺視野用として高倍率の特殊な構造のレンズを備えている。これにより、従来の穴から覗いているような感覚ではなく、その場にいるかのような没入感の高いリアルなVR映像を体験できるとしている。

 またこのVRゴーグルは、スマートフォンをセットする“スマホVRゴーグル”のためシンプルな構造で、アクリル樹脂製のレンズを採用、軽量で安価に製造できるとしている。

 今回開発された「超広視野角VRゴーグル」は、4月27日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」に出展される予定。

ケータイ Watch,太田 亮三

最終更新:4/17(水) 17:38
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事