ここから本文です

阪神先発の青柳が“公約実現”の力投 今季初勝利へ7回無失点

4/17(水) 20:38配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト-阪神」(17日、神宮球場)

 連敗阻止を託され、阪神の先発マウンドに上がった青柳が7回無失点の好投で、勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。

【写真】神宮で躍動!サブマリン 力投を見せた阪神先発・青柳

 ここまで2試合に投げて0勝2敗、防御率は4・09。過去2試合は、いずれも先制点を献上していることから、「味方に点をとってもらえるまでゼロで」と自らに課題を課して今季3度目の登板に臨んだ。

 サブマリン右腕が、その誓い通りの力投を好調・ヤクルト打線相手に見せる。一、二回を無失点で切り抜けた後の三回、1死一塁から青木を投ゴロに仕留めて併殺、と思われたが、二塁への悪送球で一、三塁と自らピンチを広げてしまった。それでも続く山田を遊ゴロで“改めて”併殺に斬りピンチを脱した。

 その直後の四回に4番・大山の2ランが飛び出し、青柳はまず先制点を与えないという“公約”を実現した。以降も粘り強い投球を披露し、4番・バレンティンを連続で空振り三振に仕留めるなどの快投を披露。5安打を打たれながらも要所を締め、八回の攻撃で代打を送られ、リリーフ陣にあとを託した。

最終更新:4/17(水) 21:02
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/20(木) 16:45

あなたにおすすめの記事