ここから本文です

【楽天】16日に死球交代の島内は右首打撲 この日はベンチ入りせず

4/17(水) 18:01配信

スポーツ報知

 楽天は17日、16日の西武戦(楽天生命)で右あご付近に死球を受けて途中交代した島内宏明外野手(29)について、「右頸(けい)部打撲」と診断されたと発表した。この日のベンチ入りメンバーからは外れたが、出場選手登録は抹消せず、回復の状況を見ながら、最短で19日のオリックス戦(楽天生命)からの出場を目指す。

【写真】元祖フェースガード付きヘルメットでプレーした近鉄・マニエル

 平石監督は「場所が場所だけに、ちょっと動かしづらさはあるけど、思ってたよりはひどくなかった。明日は試合がないので、きょう、明日と2日間、しっかりと回復にあててもらおうと思う」と説明。19日の出場については「無理して使うつもりはないけど、十分に可能性はあるんじゃないか」と話した。

 島内は今季、開幕から全15試合で4番に座り、打率3割4厘、0本塁打、6打点。さらに、12四死球を選んで4割2分6厘という高い出塁率をマークするなど、「つなぎの4番」として好調な楽天打線を引っ張っていた。

 この日の西武戦(楽天生命)は、ウィーラーが今季初めて4番に入った。

最終更新:4/17(水) 18:23
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事