ここから本文です

巨人、痛恨の逆転負け 丸が古巣相手に5号2ランも…守護神クックが大誤算

4/17(水) 21:33配信

デイリースポーツ

 「巨人4-5広島」(17日、リブワーク藤崎台球場)

 巨人は痛恨の逆転負け。抑えのクックが今季初黒星となった。

【写真】阪神戦初セーブに抱き合って喜ぶ巨人クック

 最高の流れで九回までたどり着いた。同点の八回、丸が古巣相手に5号2ラン。ナインとマルポーズを作って喜んだが、悪夢はその裏に待っていた。

 2点リードの九回、守護神クックが攻め込まれ、連打で無死一、三塁。一ゴロの間に1点を返され、なお2死三塁の好機で菊池涼が右越えに同点の適時二塁打を浴びた。さらに2死二塁で、途中出場のベテラン石原に、決勝の中前適時打を打たれた。

 九回は1死一、二塁としたが、陽岱鋼が痛恨の併殺打でゲームセットとなった。

 広島は執念の逆転勝ち。連敗を2で止め、6カード連続負け越しを免れた。

最終更新:4/17(水) 21:46
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事