ここから本文です

EU、報復関税へ2.2兆円リスト=米ボーイング補助金で

4/17(水) 22:55配信

時事通信

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は17日、米航空機大手ボーイングへの米補助金に対する報復関税の対象候補として、約200億ドル(約2兆2400億円)相当の米国からの輸入品リストを公表した。

 5月末まで意見公募し、最終的な対象額は世界貿易機関(WTO)によって決められる。

 品目は航空機や化学製品、冷凍水産物、ケチャップなど。EUが既にWTOに申請している対米報復関税の対象額は120億ドルだが、今回、幅広い候補をリストに盛り込んだ。

 米国も先週、欧州航空機大手エアバスへのEU補助金に対し、約110億ドル相当のEU産品に報復関税を課す方針を表明。米欧が今後始める貿易交渉でも対立点となりそうだ。 

最終更新:4/18(木) 18:03
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事