ここから本文です

逆転の広島健在!ヒーローの石原「今日をきっかけに」逆襲誓う

4/17(水) 21:37配信

デイリースポーツ

 「巨人4-5広島」(17日、リブワーク藤崎台球場)

 広島が執念の逆転勝ち。連敗を2で止め、6カード連続負け越しを免れた。

【写真】広島ナインから手荒い祝福を受ける石原

 逆転の広島は健在だった。九回、2点差を追いつき、なお2死二塁。打席にはベテランの石原。「みんながつないでつないで作ったチャンス。何とかヒットを打てるようにと思った」という一打は、遊撃手・坂本勇の頭上を越える値千金の中前適時打。これが決勝打となった。

 チームの執念が結集した。2点を追う九回、巨人の守護神クックを攻め、連打で無死一、三塁。一ゴロの間に1点を返し、なお2死三塁の好機で菊池涼が右越えに同点の適時二塁打を放った。押せ押せムードを作り、石原の一打に結びつけた。

 拙攻を繰り返して幾度も好機をつぶし続けると、八回は昨季までの同僚、丸に5号2ランを許す最悪の流れ。今季3度目の3連敗まであとアウトひとつまで追い込まれたが、何とか屈辱的な敗戦を免れた。

 石原は「うれしかった。カープファンも応援してくれる。今日をきっかけに、何とか勝てるように頑張ります」と約束。大歓声に手を上げて、感謝の思いを示した。

 巨人は同点の八回に丸が5号2ランを放ったが、抑えのクックが大誤算。今季初黒星となった。チームは連勝ならず、貯金2。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事