ここから本文です

和歌山の化学工場で爆発 1人けが、アクリル樹脂製造

4/17(水) 18:43配信

共同通信

 17日午後2時50分ごろ、和歌山市有本687、新中村化学工業の工場で爆発があり、1人が負傷していると、従業員から119番があった。50代の男性従業員が顔などにやけどを負ったが、命に別条はない。

 和歌山市消防局によると、鉄骨3階建て工場の3階で、アクリル樹脂の原材料を製造するため、薬品などにアルコール粉末を入れる作業中に爆発が起きたとみられる。建物の焼損はなかった。

 同社の工場では昨年9月にも火災があり、従業員1人がやけどを負った。近くに住む女性は「サイレンの音が聞こえて慌てて出てきた。昨年もぼや騒ぎがあったので不安だ」と話した。

最終更新:4/17(水) 18:43
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい