ここから本文です

大鰐線が運行再開、青森 脱線事故受け枕木を交換

4/17(水) 19:59配信

共同通信

 14日夜に発生した脱線事故のため全線で運休していた青森県の弘南鉄道大鰐線は17日午後7時半、運行を再開した。腐食した枕木の交換や全区間の点検を行い、安全確認が完了したという。

 弘南鉄道によると、脱線が起きた現場付近では、少なくとも24カ所で枕木が著しく腐食し、レールを固定する複数の鉄くぎが緩んでいた。同鉄道は、問題の枕木をコンクリート製に交換するなどの安全対策をとった。当面の間、現場のカーブでは徐行をするという。

 17日までに上下線122本が運休し、通学に使う高校生ら3820人に影響が出た。弘南鉄道は「安全管理の徹底に努める」とコメントを出した。

最終更新:4/17(水) 19:59
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事