ここから本文です

メッシ2発でバルサ4季ぶり4強「今季3冠へまた一歩近づいた」

4/17(水) 21:20配信

スポニチアネックス

 ◇欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦 バルセロナ3―0マンチェスター・ユナイテッド(2019年4月16日 スペイン・バルセロナ)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)は16日に準々決勝第2戦が行われ、バルセロナ(スペイン)がホームでマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に3―0と快勝し、2戦合計4―0で4季ぶりの4強入りを決めた。準決勝はリバプール(イングランド)―ポルト(ポルトガル)の勝者と対戦する。

 名門対決でFWメッシが2ゴールと躍動した。前半16分、右からドリブルで切り込み左足で鮮やかな先制点を決めると、4分後に前線でのボール奪取から右足で放ったシュートがスペイン代表GKデヘアのミスを誘い、リードを広げた。今季欧州CLでの得点を10に伸ばし、得点ランキングで単独トップに立った。

 本拠地で13年9月から続く欧州CLの無敗記録を31試合(28勝3分け)に更新。前回優勝した2015~16年以来の4強進出に導いたエースは「開始5分は不安定だったが、その後は試合をコントロールして素晴らしい試合ができた。準決勝進出に満足している。これで今季3冠に向けて、また一歩近づいた」と誇った。

 一夜明けたスペインメディアは背番号10の活躍を大きく報道。バルセロナ系のムンド・デポルティーボ紙は一面で「メッシの開始20分の2ゴールで、準々決勝のジンクスを破った」と過去3季連続で敗れていた準々決勝の突破したことを報道。マドリード系のマルカ紙も一面で「メッシがワンダに向けて飛躍した」とワンダ・メトロポリターノ(マドリード)で行われる決勝戦まであと一歩に迫ったことを伝えた。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事