ここから本文です

間食系団体 D-28企画」が、結成3周年を記念した記念公演『マイナンバー』の出演者を募集

4/17(水) 21:00配信

デビュー

 舞台公演を行う「間食系団体 D-28企画」が、結成3周年を記念した記念公演『マイナンバー』の出演者を募集している。

【写真】間食系団体 D-28企画のマーク

 間食系団体D-28企画は、前進となる劇団いたいたいたつから、役者・スタッフの垣根なく作品に合う人間が役者をやるというスタンスはそのままに、現「間食系団体 D-28企画」となり、他の事務所所属の若手俳優、フリーの役者と共に、積極的に活動して行きたいと立ち上げられた。

 脚本に囚われず役者の個性を一番に考え、アドリブやアクシデントを大事に考える演出が評価される同団体は、芸能事務所や劇団と提携を結び、映画祭などにも出演している。間食系×不条理をテーマとしつつも、今回は結成3周年と言うこともあり、新たなことにチャレンジするというコンセプトのもと作品を上演する。

 『マイナンバー』は2019年9月26日~30日、荻窪小劇場での上演を予定。募集するのは18~30歳の男女。応募の締め切りは2019年4月29日(募集人数に達し次第締切)。応募の方法はオーディション情報サイト「デビュー」に掲載されている。

■『マイナンバー』あらすじ

これは一世紀先の近未来の話である。

『2018年、当時、国家は膨大な国民を統治するために一人に一つのナンバー与えた。それはマイナンバーと呼ばれ、病院や学校などの公共施設、社会保障、税金、その他ありとあらゆるもの全てが、そのマイナンバーで管理されるようになったのだ。

そこから100年という時が流れる最中に、いつしか誰もが平等に持っていたはずの苗字と名前までもが忘れ去られていったのだった。

貴方はなぜ貴方のことを貴方であると認識することができているのか。

この世で自分を証明できるのは、一人に一つ与えられた、マイナンバーとその証明書だけである。容姿や性格は一切の証明にはならない』

この話は、2112年現在、マイナンバーがその人を証明する唯一のものとなった世界での話である。

今、革命家たちが立ち上がる――……。

最終更新:4/17(水) 21:00
デビュー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事