ここから本文です

同友会、ゆでガエル例え危機感 小林代表幹事、最後の定例会見「日米協議はTPP合意内で」

4/17(水) 7:16配信

SankeiBiz

 経済同友会の小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)は16日、今月26日の退任を前に最後の定例記者会見を開き、「世界がデジタル技術やバイオなどで変革する中で、日本だけが中国やアジア、アフリカにも後れを取るようでは話にならない」と述べ、ぬるま湯に浸ったまま動けなくなる「ゆでガエル」に例えて危機感を表明した。

 また、ワシントンで始まった新たな日米貿易交渉については、「日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)や11カ国が参加する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の合意内容が最後の砦(とりで)で、包括的に交渉をやってもらいたい」と述べ、農業や個別項目を取り出すのではなく、TPP合意の範囲内での交渉を求めた。米中貿易摩擦については、「今後きわめて長い冷戦が続くだけに、日本は立ち位置をにらみながら交渉に臨んでほしい」と注文をつけた。

最終更新:4/17(水) 7:16
SankeiBiz

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ