ここから本文です

J1神戸のリージョ監督が解任

4/17(水) 15:36配信

産経新聞

 J1の神戸は17日、就任2季目だったフアンマヌエル・リージョ監督(53)の解任を発表した。本人の意向を受けたもので、代わって昨年途中まで監督を務めた吉田孝行氏(42)が指揮を執る。クラブは欧州で実績のある指導者として昨年9月にスペイン出身のリージョ監督を招聘(しょうへい)。今季も、元スペイン代表FWのダビド・ビジャ(37)らを獲得したが、チームは現在、3勝1分け3敗の10位。14日の広島戦で敗れ、今季初のリーグ戦連敗を喫した。

 リージョ監督は、クラブを通じ「人生では難しい決断をしないといけないこともある。私と家族にとってはこうすることがベストだと思った」などとコメントを発表した。 

最終更新:4/17(水) 15:40
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事