ここから本文です

大聖堂火災 同じ世界文化遺産の和歌山・高野町募金開始

4/17(水) 15:44配信

産経新聞

 ノートルダム大聖堂火災を受け、同じ世界文化遺産に登録された地域として大聖堂の再建を支援しようと、和歌山県高野(こうや)町は17日、町役場など町内3カ所で募金の受け付けを始めた。

 町などによると、欧米人気の高い世界文化遺産・高野山のある町内での外国人宿泊客の比率がフランスが約25%で最も高いこともあって、支援を決めた。

 町役場と町役場富貴支所、高野山観光情報センターに募金箱を設置。当分の間、受け付ける。平野嘉也町長は同町をフランスの友人とし、「同じ世界文化遺産のある町としてフランスの皆様を応援したく考えております。1日も早い再建を心よりお祈り申し上げます」とコメントした。

最終更新:4/17(水) 15:44
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事