ここから本文です

【めざせクラシック】タガノディアマンテ、京都新聞杯から日本ダービーへ

4/17(水) 21:54配信

サンケイスポーツ

 デスク 皐月賞組は、NHKマイルC(5月5日、東京、GI、芝1600メートル)と日本ダービー(5月26日、東京、GI、芝2400メートル)に分かれそうやな。

 鈴木 そうですね。6着タガノディアマンテは、京都新聞杯(5月4日、京都、GII、芝2200メートル)から日本ダービーを目指す予定。5着なら優先出走権をゲットできただけに、「もうひとつ上(の着順)だったら…」と鮫島調教師は悔しそうでした。

 デスク 収得賞金1150万円か。最低でも2着は確保したいところだな。他には?

 鈴木 13着ファンタジストは、引き続き武豊騎手でNHKマイルCへ。梅田調教師は「2000メートルは長かった感じ。改めて」と巻き返しを狙っています。16着クリノガウディーも、藤岡佑騎手でNHKマイルCの方向。朝日杯FS2着馬で、こちらも距離短縮はプラスでしょう。

 デスク アーリントンC組は?

 鈴木 逃げ切ったイベリスは、浜中騎手でNHKマイルCへ。「ハナを切ると、レースぶりが全然違う。次は相手が強くなるので、自分の競馬をさせてもらえるかどうか」と角田調教師。8着ヴァルディゼールも、NHKマイルCです。

 デスク 美浦の方はどうかな。

 柴田 皐月賞9着ダディーズマインドは、ラジオNIKKEI賞(6月30日、福島、GIII、芝1800メートル)が目標。それまでに一戦挟む可能性もありそうですね。青木調教師は「強いメンバーを相手によく頑張ってくれた」と評価していました。

 板津 少し気が早いですが、2歳馬の話もしましょう。豪GI・クイーンエリザベスSで2着に健闘したクルーガーの全弟サクセッションが入厩しています。国枝調教師は「上が活躍すると自然と評価が上がってしまうけど、この馬もトータルでいいね。ゲート試験に受かったら1回放牧を挟んで6月デビューを目指していくことになると思う」と期待しています。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ