ここから本文です

関東の週間 日差し多め 気温は高め

4/17(水) 7:56配信

tenki.jp

この先一週間も晴れる日が多く、汗ばむくらいの日も。

暖かさ続く

【関東の天気傾向】
端的に言うと「晴れる日が多い」です。あす以降、22日(月)までは晴れマークがついています。この中で「よく晴れる」「少し雲が多め」にあえて分けるなら、よく晴れるのが18日(木)と20日(土)、21日(日)です。一方、少し雲が多めなのが、19日(金)と22日(月)です。19日は、寒冷前線が本州付近を通過し、関東でも夕方以降はにわか雨の可能性があります。22日は、高気圧がゆっくり東の海上へ離れて、湿った空気が入りやすくなるでしょう。ただ、現段階では、天気の崩れはなさそうです。23日(火)は、前線を伴った低気圧が本州の南岸を東へ進むでしょう。きのう朝の予想より雨のタイミングが遅くなり、当日は曇り空です。雨は24日(水)に日付が替わってからになるでしょう。ただ、低気圧通過後は急速に天気か回復し、昼頃からは晴れてきそうです。

【関東の気温傾向】
最高気温は20度以上の日が続きます。この先一週間で一番気温が高いのは金曜日です。昼頃までは南風がやや強く、東京都心でも23度くらいまで上がるでしょう。汗ばむくらいになりそうです。翌日の土曜日は風向きが変わり、北風がやや強く吹く予想です。ただ、それでも20度前後ですので、寒いという感覚ではないでしょう。朝の最低気温は10度以上の日が多いですが、土日は少し冷えそうです。南部でも7度から8度くらいまで下がる所があり、北部は場所によっては5度以下になるでしょう。更に北風も加わるため、体感温度はもっと低くなりそうです。出かける時間と場所に合わせて、服装を選んでください。

日本気象協会 本社 木村 健一

最終更新:4/17(水) 7:56
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事