ここから本文です

NHKを語る詐欺電話 長崎県警が注意呼びかけ

4/17(水) 18:55配信

NBC長崎放送

NBC長崎放送

NHKの「ドキュメンタリー番組の制作」を口実として、預金額などを聞き出そうとする電話が県内で相次ぎ、県警では、「アポ電」強盗や特殊詐欺に繋がる可能性があるとして注意を呼びかけています。

不審な電話は、NHK職員を名乗る男が、「一人暮らしのドキュメンタリー番組を制作するためのアンケート」とうそをつき、「1人暮らしかどうか」「預金はいくらあるか」などを聞き出そうとするものです。今月12日から、大村市、長崎市、佐世保市のいずれも電話帳に電話番号を掲載している高齢者の自宅にかかってきていて、きのうまでに13件の相談が県警に寄せられています。県警では、公的機関などを装い、資産や個人情報を聞く電話は、振り込め詐欺などの特殊詐欺や、事前に資産を状況を把握して強盗に押入る「アポ電」の手口に似ているとして、不審な電話がかかってきたときは、すぐに家族や警察に相談してほしいと注意を呼びかけています。また、NHK長崎放送局にも、先週から同様の相談が寄せられていて、担当者は、「世論調査をすることはあっても、個人情報を聞くことはない」として、注意を呼びかけているということです。

NBC長崎放送

最終更新:4/17(水) 20:10
NBC長崎放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事