ここから本文です

上品な春の花 チューリップ 開き具合で"気温"が分かる!?

4/17(水) 6:40配信

ウェザーニュース

 「春の花」といえば、桜を思い起こす人が多いのではないでしょうか。ほかには、梅や菜の花、ツツジなどを思い起こす人もいるでしょう。

 しかし、美しく可憐な春の花は数あれど、上品さや艶(あで)やかさでは、この花の右に出るものはないのではないでしょうか。それは「チューリップ」です。

人の心をも狂わせる「チューリップの魅力」

 チューリップは小アジア(アナトリア)が原産といわれ、16世紀にトルコからヨーロッパにもたらされました。その後、とりわけオランダで改良されて、人々の目を楽しませました。

 17世紀のオランダでは、投機の対象にされ、チューリップの球根一つと家一軒が同じ価値を持つといわれたこともありました。いわば「チューリップ・バブル」で、これが世界初のバブル経済といわれます。

 たかが花、されど花。チューリップには、まさに高嶺の花の時代があったのです。

チューリップの開き具合で気温がわかる!?

 現在の日本では、全国あちこちの公園などでチューリップを見ることができ、チューリップは多くの人に親しまれています。

 散歩などでチューリップを見かけた際は、チューリップをあることの目安にすることもできます。それは「気温」で、チューリップを観察すると、だいたいの気温を推測することができるのです。

 個体などによる違いはありますが、チューリップは概ね10℃以下では花を閉じたままで、15℃ぐらいで開き始め、20℃以上では大きく開きます。

 散歩中にチューリップの花の開き具合を見て、「今は16℃ぐらいかな」とか「22℃だと思う」などと、気温を予想してみるのも楽しいですよ。

各地でチューリップのイベント開催

 全国各地でチューリップに関するイベントも開かれています。

 たとえば、次のイベントがあります。

 ●第31回 佐倉チューリップフェスタ2019……千葉県佐倉市。3月30日(土)~4月21日(日)

 ●2019となみチューリップフェア……富山県砺波(となみ)市。4月22日(月)~ 5月5日(日)。入場料が必要

 ●2019天空のチューリップ祭り……静岡県裾野(すその)市。遊園地ぐりんぱで4月20日(土)~5月26日(日)に開催予定。入園料が必要

 桜の次は、チューリップの華やかな美しさをぜひ楽しんでください。

ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事