ここから本文です

北海道ではすでに今年初の20℃超 夏日の可能性も

4/17(水) 10:43配信

ウェザーニュース

北海道では今年初の20℃超え

 今日17日(水)は、北日本で朝から春の日差しが届いています。
 上空に暖かな空気が流れ込んでいることに加え、山越えの風でフェーン現象が発生し、午前中から20℃を超える地点があるなど、気温上昇中です。

 特に北海道のオホーツク海側で気温が高く、10時までの最高気温は、北海道佐呂間で22.0℃、北見で21.1℃となっています。北海道で20℃を超えるのは今年初めてです。

 東北の太平洋側でも気温が上がり、岩手県宮古で22.5℃、青森県三沢で21.7℃を観測しました。

午後はさらに気温上昇 北海道では史上最早タイで夏日の可能性も

 北海道や東北北部は午後にかけても日差しが届くため、さらに気温は上がる見込みです。

 北海道で25℃を超える夏日になれば、帯広や佐呂間で記録した2003年4月17日に並ぶ、最も早い記録になります。
 札幌も23℃の予想で、ここまで上がれば4月中旬としては18年ぶりの高さです。

ウェザーニュース

最終更新:4/17(水) 10:46
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事