ここから本文です

【ABC特集】アパホテルが大量増殖中 驚異の急成長を実現する独自戦略とは

4/17(水) 11:49配信

ABCテレビ

 アパホテル、なんといってもあの社長が有名ですよね。バラエティ番組にも引っ張りだこです。大阪・梅田に西日本最大級、1500室超のアパホテルが2022年末に開業するというニュースが飛び込んできました。有名なのはわかりますが、こんなにたくさんの人を一気に泊めるところをつくって大丈夫なんでしょうか?この思い切った投資をするアパホテルのなぜ、どこがそんなにすごいのか、その戦略を探ってきました。

それにしても多過ぎない?

 「梅田の新御堂筋の乗り口、そして繁華街中の繁華街のこの場所に新しいアパホテルができるということなんですが、なんと言っても広いですよね」(上田剛彦アナウンサー)

 「30階くらいありますかね。この角度ですね。だってほら、向こうに観覧車が見えるでしょ。阪急もあって。まさにこの角に、こういう感じで建つっていうことですよね」

 しかし、驚くのは まだ早かったんです。アパホテルの西日本地区全体の責任者、出倉(でぐら)さんに、「見てほしいものがある」と 案内されたのは・・・

 「ここも今アパホテルを建築しています」(アパグループ 出倉輝祐・西日本地区統括部長)

 「えっ?これもアパホテルなんですか?」(上田アナ)

 「はい」(出倉さん)

 梅田に1500室を建てることだけでも驚きなのに、別のこの場所、本町にもすでに、およそ900室という大型アパホテルを建築中でした。今年の秋にオープン予定の、「アパホテル&リゾート 御堂筋本町駅タワー」。リゾートという言葉を加えただけに、屋外プールも付くそうです。

 実はいま、アパホテルは急激に増えています。大阪市内の場合、3年前までは8カ所でした。それが、おととしと去年でプラス5カ所。今年以降、さらに8カ所建てることが決まっています。「どんどん増やす」、これこそが、今のアパホテルの戦略なんです。

メリットがいっぱい

 「需要の旺盛なところで、ドミナント戦略と大型化戦略を取らせていただいています」(出倉さん)

 「ドミナントと大型化?」(上田アナ)

 「ドミナント戦略」という言葉、コンビニがよくやる手法として耳にしたことありませんか?特定の地域に、集中的に出店することで、他社より優位に立つことを狙う戦略。それを、アパホテルも進めているんです。いま建設中のアパホテルのすぐ近くにも・・・別のアパホテルがあります。こうすれば、メリットがたくさん。

1/4ページ

最終更新:4/17(水) 11:49
ABCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事