ここから本文です

これなら弾ける! パソコンのキーボードみたいな楽器が爆誕

4/17(水) 10:47配信

BuzzFeed Japan

これであなたもミュージシャン? パソコンのキーボードのような楽器「TYPE PLAYER」がネット上で話題を呼んでいます。開発した「世界ゆるミュージック協会」は4月17日、東京・銀座の「Ginza Sony Park」でTYPE PLAYERをはじめとする「ゆる楽器」のお披露目イベントを開催します。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

【動画】「ゆるスポーツ」が意味不明すぎてめっちゃやってみたいwww

演奏動画が38万再生

《タイピングって、ピアニストの手つきに似てる…!と思って新しい楽器をつくりました。毎日資料つくったりメール打ったりしてるビジネスマンをミュージシャンに変えてくれる楽器》

澤田智洋さん(37)が先月、「TYPE PLAYER」を演奏する動画をTwitterに投稿したところ、6200回以上リツイートされ、1万7千を超える「いいね」が集まりました。再生回数は38万回に達しています。

澤田さんは「世界ゆるスポーツ協会」の代表。

「世界からスポーツ弱者をなくす」ことを掲げ、ハンドソープボールやイモムシラグビーなどユニークなスポーツの数々を考案してきました。

スポーツから音楽へ。まったく畑違いにも思える挑戦の理由は、どこにあるのでしょうか。BuzzFeedは澤田さんに取材しました。

ビジネスマンがミュージシャンに

――TYPE PLAYERの反響はいかがですか。

「これだったら自分もミュージシャンになれるかも」「ほしい」「体験したい」といった感想をいただいています。嬉しいですね。

――打ち込んだ言葉の意味と音色は連動しているのでしょうか。

いえ、ひとつひとつのキーボードに、ピアノの白鍵・黒鍵のように音を割り当てる仕組みになっています。

「ビジネス文書を打つとそれがメロディーになる」といった方向性も考えたのですが、それだと音楽の幅に限界が出てきてしまうので。

ビジネスマンの方は日常的にタイピングをしていて、手元を見ずに打つことも、速弾きも得意です。

コツさえ掴んでしまえば、窓際のビジネスマンも素敵なミュージシャンになれるんじゃないかなと。

1/4ページ

最終更新:4/17(水) 11:10
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事