ここから本文です

豊永利行が2枚目のアルバム『光へ』をリリース「34歳の男の集大成というアルバムになりました」【インタビュー】

4/17(水) 14:30配信

超!アニメディア

 4月17日に前作から約1年ぶりとなるアルバム『光へ』をリリースした豊永利行。その製作秘話を聞いたインタビューが、現在発売中の『アニメディア5月号』に掲載されている。「超!アニメディア」では、本誌記事内ではお届けしきれなかった部分も含めたインタビュー全文をご紹介する。

【関連写真】豊永利行『光へ』ジャケット写真

――今回のアルバムのコンセプトについて教えてください。

 今までは、人にエールやメッセージを伝える歌が多くなっていたこともあって、今回は、まず「僕はこう生きています」「こう思っています」といった、自分に問いかけるような、自分を見つめ直すイメージで作りたいなと思いました。

――どうしてそういったコンセプトにしようと思ったのでしょうか?

 30代半ばになって、仕事もプライベートも含めていろいろ変わっていくことが増えていて。これまでの僕は、その変化に流された先でどうツメあとを残すかを考えていたのですが、もう十分流されてきたし、そろそろ立ち止まって流されないままに自分を見つめ直してみようと思うようになりまして。あえて外に向けて投げかけるのではなく、自分自身に問いかけるのがいいんじゃないかと思ったんです。もちろんこれは過程の話なので、結果的に聴いてくださる方が自分へのエールだと感じてくださるのであれば、それはとてもありがたいことですし、活力になってくれたらうれしいという思いもあります。

――アルバムタイトルとリード曲は同じタイトル「光へ」です。「光へ」は豊永さん自身が作詞・作曲を手がけていますね。アルバムタイトルと曲と、どちらが先にできあがったのですか?

 曲が先です。タイトルに関しては、スタッフも含めていろいろ考えていたのですが、最終的には“シンプルイズベスト”というところに落ち着きました。

――「光へ」は途中で曲調が変化する、ミュージカル調の曲ですね。

 もともと僕はビッグバンドやミュージカルが好きなんです。かつてインディーズでリリースしたアルバム『MUSIC OF THE ENTERTAINMENT』にもミュージカル調の曲が入っているので、今の自分でミュージカル調のものを作ったら、どんなものになるのかという挑戦の思いもあって作りました。ただ、スタッフや先行配信で聴いてくださった方は「いつもの豊永節」と感じたらしく(笑)、外から見るとこれが僕らしい曲なんだなと、改めて感じた次第です。

――8曲のうち、豊永さんは4曲の作詞・作曲を担当していますが、全体の曲のバランスなどは考えましたか?

 「僕はこういう色です」と決まった形を見せるというよりは、「僕はこんな色も持っています」と提示したいので、バラバラでいいと思って作りました。まずリード曲を作って、自分が作る以外の曲はコンペで選ばせていただいたのですが、僕は自分が絶対に書かない曲を選ぶんです。そうすると結果的に、バラエティー豊かな曲がそろうんですね。

――制作で印象に残っていることは?

 「未来との約束」は、歌詞を書くのにめちゃくちゃ時間がかかりました。今回は作詞家としても挑戦をしたくて、フィクションを書いてみようと思って。ところが、いざとなったら、まったく言葉が浮かばなかったんです。曲のフレーズは浮かぶのに、言葉が出てこないんですよ。もっと語彙を豊富にしないと、と思いましたね。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事