ここから本文です

統一地方選 吉岡町長選 無投票で新人柴崎氏が初当選

4/17(水) 10:54配信

群馬テレビ

 統一地方選の後半戦、吉岡町長選は4月16日に告示され、新人の柴崎徳一郎さんが無投票で初当選を決めました。

 午後5時の時点で新人の柴崎さんの他に届出はなく、柴崎さんの無投票での初当選が決まりました。柴崎さんは、これまで2度町長選に出馬しましたがいずれも落選していて、今回3度目の挑戦で初の当選です。吉岡町長選を巡っては、3期務めた現職の石関昭さん78歳が不出馬の意向を示していました。

 柴崎さんは、子育て支援やインフラの整備などを進め、明るい町づくりを目指したいとしています。

 このほか、神流町では現職の田村利男さんが前回に続き、無投票で再選を果たしました。川場村でも、現職の外山京太郎さんが前回に続き無投票で2回目の当選を決めました。明和町では、現職の冨塚基輔さんが無投票で再選を果たしました。

最終更新:4/17(水) 10:54
群馬テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事