ここから本文です

マカオ、19年1~3月累計インバウンド旅客数1035万人…対前年21.2%の大幅増

4/17(水) 9:48配信

マカオ新聞

 マカオ治安警察局は4月16日、今年(2019年)1~3月の出入境旅客統計を公表。出入境旅客総数は前年同時期から12.6%増の4840万人(延べ、以下同)、インバウンド旅客に限ると21.2%の大幅増となる1035万人に上った。

 先の清明節3連休(4月5~7日)については、出入境旅客総数が180万人に達した、マカオ半島北部にあり、広東省珠海市の拱北地区との主要な陸路の玄関口となる關閘イミグレーション施設では、連休2日目にあたる6日に46万7000人を記録。今年3月16日に更新したばかりの単日最多記録を塗り替えた。

 マカオでは、4月19日から22日かけて、イースターの4連休を迎える。マカオから外地への小旅行のほか、マカオにとって中国本土に次ぐ第二の旅客ソースである香港でも同様に4連休となり、港珠澳大橋の開通により安価なシャトルバスによる往来が可能となったことから、多くの香港旅客がマカオを訪れると予想される。なお、中国本土にはイースター連休はない。

 同局では、イースター4連休の総出入境人数が230万人に上ると見込んでおり、外港フェリーターミナル、タイパフェリーターミナル、マカオ国際空港、港珠澳大橋マカオ側イミグレーションで混雑が予想されることから、関連部門と連携し、旅客の分流及び秩序維持に努めるとした。

最終更新:4/17(水) 9:48
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事