ここから本文です

【特集】乳がん手術に「キャンセル料」請求 保険医療適用なのに...がん患者の戸惑い

4/17(水) 13:17配信

MBSニュース

旅行やレストランを予約していても、病気や急用でキャンセルするということは誰しもあると思います。では、医療現場ではどうでしょうか。乳がんの手術を予約していた女性が直前に受けることができなくなり、それを伝えたところ、医療機関からキャンセル料を請求されたといいます。

「乳がん手術をキャンセルした場合はキャンセル料を取る」

「『キャンセル料取るの?』って(知り合いに)言われて。『普通はないと思うし、旅行会社みたいね』って言われて…」

乳がん患者の佐藤恵さん(仮名)。去年冬、入浴中に何げなく触った右の胸にしこりを見つけて近くの乳腺クリニックを受診し、検査の結果がんとわかりました。

最初に訪れたクリニックには手術の設備がなく紹介先の病院のリストを渡されましたが、佐藤さんはインターネットで乳腺治療で全国展開している有名クリニックを見つけました。そこは当時、『クリニックの代表が自らメールで患者の不安や疑問に答える』のを売りにしていました。

「院長がメールで疑問や不安なことにお答えすると…クリニックに行く前に(メールで)やりとりはしていて」(佐藤さん)

乳がんと診断されて数週間後、佐藤さんは初めてクリニックが大阪で開いている施設を訪れます。クリニックを立ち上げた代表の医師の診察を受け、佐藤さんはがんを取った後、インプラントを使って乳房を再建する方法を勧められ、手術は2週間後に決まったといいます。乳がんの乳房再建手術は6年前、保険適用された治療です。

そして手術の説明を受けた後、別の部屋に連れて行かれて告げられたことは…

「事務の人に『部屋とか手術室も私の分を取る』『キャンセルした場合はキャンセル料を取られる』と言われた。冷静になったら『えっ』と思うが…」(佐藤さん)

不安と迷いで体調悪化 手術当日キャンセル申し込むと…

佐藤さんがサインを求められた書類には、キャンセル料「手術の1日前で治療費総額の30パーセント」、「当日、50パーセント」などとあります。理由についてはこう書かれていました。

『キャンセルが生じると皆さまが希望日に手術を受ける機会が奪われます。違約金が発生することを十分にご理解いただいたうえで、手術の予約をなされますよう、よろしくお願いいたします』(書類より)

病院に行った経験も少なく佐藤さんは言われるがままサインしましたが、不安と迷いが残り体調も悪化。そして、手術当日の朝「どうしても受けられない」とキャンセルを電話で申し出たといいます。

「『キャンセル料かかるけどいいですか?』と言われて。事務の人から先生が『お大事に』と。『また手術受ける場合は、はじめから手続きがいるので時間かかります』と」(佐藤さん)

後日送られてきたのはキャンセル料の金額が書かれた書類でした。佐藤さんが受ける予定だった手術は保険適用されているもので、クリニックは治療費を15万1200円と算定、術後に入る回復室の代金1万6200円と合わせて半額の8万3700円を振り込むよう求められました。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 13:30
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事