ここから本文です

発火性ごみ紛れ?古紙など燃える

4/17(水) 15:47配信

ミニ事件簿

 「段ボールから煙が出ている」。16日午前9時45分ごろ、大分市内の古紙回収業者の男性従業員から119番通報があった。市消防局の隊員と大分中央署員が現場に急行。古紙などが燃え、約10分で消し止められた。鉄骨平屋の建物や選別機材などに被害はなかった。発火性のごみが紛れ込んでいたことが原因とみられる。「ごみを出す際は分別の徹底を」と隊員。

大分合同新聞社

最終更新:4/17(水) 15:47
ミニ事件簿

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事