ここから本文です

玉森裕太、大事なシーンで追い込まれ鼻血「熱が上がり過ぎた」

4/17(水) 7:47配信

MusicVoice

 玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らが16日、都内で開催された、映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の完成披露舞台挨拶に出席した。

 映画は、2つの世界に迷い込んでしまった、玉森演じる崇史が、目が覚める度に変わる世界の中で真実を追い求めていく姿を描いたミステリー。恋人の麻由子(吉岡里帆)はもう1つの世界では親友・智彦(染谷将太)の恋人という謎が謎を呼ぶ。東野圭吾氏の同名ベストセラー小説が原作。宇多田ヒカルの楽曲「嫉妬されるべき人生」が主題歌になっている。

 舞台挨拶に登壇した面々。パラレルワールドという時空を超えた物語の中で役作りは「苦労した」という玉森。吉岡が「(森義隆)監督がドS過ぎる。玉森さんが追い込まれて鼻血を…」と役に追い込まれ鼻血を出したことを告白。玉森は「智彦との大事なシーンで熱が上がり過ぎたのか、血がたらーんと出てきた」と振り返った。

 玉森、吉岡、染谷が一様に「緊張した現場だった」と振り返る一方で、筒井道隆や美村里江らは「割とリラックスした撮影だった」と語った。監督は「僕がドSのように言われているけど、自然と生まれていった現場。ピリピリ派とほっこり派に分かれていたけど、映画を見たら分かる」と語った。

 また、監督は玉森に「玉森裕太と言う映画俳優を生み出すという気持ちで追い込んだ。映画俳優・玉森裕太も目の当たりにしてほしい」と大きな期待を寄せていたことを明かした。

 この日は、映画にちなみに、行ってみたい世界の話題に。玉森は「ないに近い」としながらも「ずっと晴れの日(の世界がいい)。穏やかに生きたいと思います」と語った。

 なお、舞台挨拶には玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太ほか、筒井道隆、美村里江、清水尋也、石田ニコル、田口トモロヲ、森監督が登壇した。

最終更新:4/17(水) 7:47
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事