ここから本文です

スカシユリ2万輪見頃 笠石海浜公園、テッポウユリは月末ピーク 沖永良部島

4/17(水) 13:35配信

南海日日新聞

 鹿児島県の沖永良部島では各地の道路沿いや庭先、花園のユリが見頃を迎えている。和泊町喜美留の笠石海浜公園では、展望シンボルタワー「ゆりの塔」近くの花園で4色のスカシユリ約2万輪が開花し公園を彩っている。

 同町企画課によると、公園南側のユリ畑には昨年10月、約2万球のテッポウユリを植えた。来週にも見頃を迎え、開花ピーク期の今月末には約20万輪の白い花を咲かせそう。一方、ゆりの塔近くのスカシユリは20、21日ごろがピークとなる。

 町企画課は「スカシユリは大型連休の前に見頃を終えるかもしれない。見逃したくない人は今週末にでも足を運んでもらえたら」としている。

奄美の南海日日新聞

最終更新:4/17(水) 13:35
南海日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事