ここから本文です

飲酒運転でオートバイに追突 米空軍兵を現行犯逮捕

4/17(水) 16:33配信

RBC琉球放送

北谷町の国道で酒を飲んだ状態で車を運転し2人乗りのオートバイに追突してけがをさせたとして、嘉手納基地所属の空軍兵が17日、現行犯逮捕されました。

17日午前5時前、北谷町美浜の国道58号の北向け車線で乗用車が前を走行していた2人乗りのオートバイに追突しました。
この事故でオートバイに乗っていた20代の男性2人が腕をけがする軽傷です。

「普段見晴らしはいいので事故が起きるのは考えにくいちょっと不自然だと思った」(目撃者)

乗用車を運転していたのは嘉手納基地所属の空軍兵長、ザッカリー・ラモント・ランソム容疑者26歳で、呼気から基準値を超えるアルコールが検出されその場で、酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。
警察の調べに対してランソム容疑者は「酒は抜けたと思った」と容疑を否認しています。

最終更新:4/17(水) 16:33
RBC琉球放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事