ここから本文です

金麦〈ゴールド・ラガー〉 発売2か月で年間計画6割達成 当初の3割増へ上方修正

4/17(水) 8:00配信

食品新聞

サントリービールが2月5日に発売したビール類新ジャンル「金麦〈ゴールド・ラガー〉」の3月末までの販売数量が、当初計画の約6割に当たる202万箱(大瓶×20本/箱)に達した。初動の好調を受け、19年販売計画を当初の340万箱から約3割増となる440万箱に上方修正した。

「金麦〈ゴールド・ラガー〉」は、昨年から続く本格感のある新ジャンルニーズの高まりに対して発売され、“力強い飲みごたえとコク”をうたっている。「ザ・プレミアム・モルツ」で培った本格二段仕込製法と、独自のHHS(高温高圧蒸気)製法を用い、豊かなコクと後味の締まりと苦みを実現したという。

4月2日には“本格キレ系”をうたう「マグナムドライ〈本辛口〉」も投入。「金麦」ブランドと「マグナムドライ」で上期には1万9千GRPの広告を投下。また「金麦」ブランドを対象に「絶対もらえる。あいあい皿2019」キャンペーンを4月15日から全国で開始した。

最終更新:4/17(水) 8:00
食品新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事