ここから本文です

海外旅行者は必見!免税品のお得な買い方!

4/17(水) 12:02配信

テレ東プラス

今回は、いよいよ近づいてきた10連休のゴールデンウィークを前に、日本人に一番人気の渡航先「ハワイ」を特集。ハワイでしかできない新体験から、知っているようで知らない免税品のお得な買い方などを紹介。ジパング流の“旅をより楽しむ方法“を伝える。

火山噴火から1年...ハワイ島に観光客を取り戻せるか?

ハワイ観光の中心地、オアフ島・ホノルル。ワイキキビーチやショッピングを楽しむのが定番の観光スタイルだったが、それもいまや昔の話。最近は全く新しい楽しみ方が注目を集めている。ダニエル・K・イノウエ国際空港で小型飛行機に乗り込んだ5歳の男の子は、後部座席に座るのかと思いきや、なぜか操縦席へ。そして、なんと実際に飛行機を操縦し、オアフ島の遊覧を始めた。ハワイでは、教官資格を持ったパイロットが同乗すれば、初心者でも年齢制限なく操縦が可能なのだ。この操縦体験は30分コースで2万3千円。ここでしかできない体験ができると評判だ。

滞在方法にも変化が。3世代、7人で訪れた家族が宿泊するのは、ワイキキビーチが目の前に広がり、最高のロケーションを誇る部屋。寝室が2部屋にバスルームも2つ。オープンキッチンの台所では料理も可能だ。実はこの部屋はホテルではなく、分譲マンションの一室。実はこれ、分譲マンションを日本人などが別荘として購入し、使用していない期間は旅行者などに有料で貸し出す「バケーションレンタル」だ。キッチンも使えるから、ハワイにいながら自宅のようにくつろげると旅行者の間で人気を集めている。

オアフ島が人気を誇る一方で、ハワイ島では昨年キラウエア火山が噴火。700棟以上の建物が溶岩に飲み込まれ、数千人の住民が避難を余儀なくされた。噴火から1年、被害の大きかった現場を訪れると、なんと固まった溶岩の上に家を建てて住んでいる人たちの姿が。実は、つい数ヵ月前まで溶岩が湧き出ていたこの場所は、電気代や水道代がかからず、土地の値段も格安。さらに、海だった場所に溶岩のビーチが出来上がり、人肌の温度の天然プールが楽しめるという、思わぬ副産物が生まれていたのだ。今では地元の人しか知らない隠れた人気スポットになっている。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 12:02
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事