ここから本文です

ボルボ 新型V60クロスカントリー 海外試乗|スウェーデンの極地で“限界性能”を試す

4/17(水) 11:56配信

オートックワン

SUVとワゴンのイイとこ取り!なV60クロスカントリー

昨年登場したボルボの新型V60は、初代V60譲りの「スポーティな走り」と、V70の「ユーティリティ」を融合させたモデルである。「日本にはいいステーションワゴンがない」と嘆く人にぜひ積極的にお勧めできる一台だ。

■大人っぽい! 新型V60クロスカントリーの内外装を画像で見る

しかし、そう言いつつも世界的なクロスオーバーSUVブームの中で、ステーションワゴンに返り咲く事に躊躇する人も多いと思う。そこでお勧めしたいのが、「ステーションワゴンの多様性」と「クロスオーバーSUV」の走破性を両立させたV60クロスカントリーだ。

2019年3月1日から予約受注がスタート、間もなく正式発表となるが、スウェーデンの北極圏に近いルレオで試乗を行なってきた。すでに桜も散る季節にも関わらず、「なぜ今さら冬季の試乗記なのか?」と思う人もいるかもしれないが、ここでの試乗は一般道を使った雪上/氷上試乗に加えて、サーキットを模した特設の氷上コース(何と海が凍っている!!)での“限界性能”を試すプログラムが組み込まれていた。
そこで今回の試乗では、一般道では体験できない領域の話を中心にお届けしたいと思う。

新型V60クロスカントリーはどんなクルマ!? その成り立ちを解説

■兄貴分のV90クロスカントリーと比べ、アクティブな印象が増した

新型V60クロスカントリーのデザインだが、専用のフロントグリル(メッシュ調)やボディ下部を覆うクラッディング処理、専用アルミホイールの採用などでクロスオーバー化する手法は兄貴分のV90クロスカントリーと同じだが、ベースとなる新型V60特有の贅肉の少ないシュッとしたデザインと組み合わせると、アクティブな印象がより増している。

一方、インテリアはV60に準じており、「V60クロスカントリーならでは」と言う部分はないが、個人的には明るいインテリアカラーと組み合わせたほうが、より“らしく”見えるだろう。

■日本仕様はガソリンターボ「T5」とAWDの組み合わせ、地上高は75mmもアップ

パワートレインは本国仕様には2リッターディーゼルターボ(150ps/350Nmの「D3」、190ps/400Nmの「D4」)もラインアップされるが、今回北欧で試乗した新型V60クロスカントリーは、日本仕様と同じく250ps/350Nmを誇る2リッターガソリンターボ「T5」と8速ATの組みあわせ。駆動方式はV60シリーズ初採用となるAWDのみの設定で、同じくスウェーデンのハルデックス・トラクション製の電子制御多版クラッチを用いたカップリングを採用する。更にヒルディセントコントロールや専用のドライビングモードも備えるなど、ナンチャッテAWDとは違う。

サスペンションはV60クロスカントリー専用セットアップで、最低地上高はノーマル+75mm(サスペンションで60mm、タイヤサイズで15mm)の210mmを確保するのはもちろんだが、床下整流の事も考えた無駄な突起物がないフラットな床面は悪路でも大きな武器である。

ちなみに今回の試乗車は全てミシュラン製のスパイクタイヤが装着されていた(日本でスパイクタイヤは使用不可だが、こちらの地域では使用可能)。そのためグリップ力はスタッドレスタイヤの比ではなく、通常の雪上/氷上試乗より高い速度域でテストすることができた……と言うわけだ。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 11:56
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事