ここから本文です

アストンマーティン、2台のスペシャルカー DBZ センテナリーコレクションを予告

4/17(水) 8:05配信

carview!

英アストンマーティンは3月25日、19台のみ生産予定の限定車「DBS GTザガート」及び同時に販売される「DB4 GTザガート コンティニュエーション」のイメージを公開した。

>>DBZ センテナリーコレクション フォト集<<

イタリアの名門カロッツェリアであるザガートは、60年近くにわたりアストンマーティンとパートナーシップを組み、数々の名車を生み出してきた。今年、この老舗の創立100周年を記念して、フラッグシップスポーツ「DBS スーパーレッジェーラ」をベースとするDBS GTザガートと、コラボの原点たるモデルを復刻したDB4 GTザガート コンティニュエーションの2台からなる「DBZ センテナリーコレクション」がローンチされる。

今回リリースされたイメージを見る限り、DBS・GTザガートはベースモデルと異なる官能的なスタイリングになる模様。特徴的なのは、これまでのコラボモデルでも用いられてきたダブルバブルシェイプで、DBS GTザガートではボンネットからテールまでアイコニックなモチーフが反復されている。このデザインを実現するため、通常のリアウインドスクリーンは廃されたとのことだから、こだわりは並大抵ではない。ラップアラウンドタイプのフロントウインドスクリーンなど、滑らかなショルダーライン上の処理にも注目だ。

同時に公表されたDB4 GTザガート コンティニュエーションは、既に明らかになっているとおり、オリジナルを忠実に再現したサーキット専用のモデルとなるようだが、コンパクトながらエレガンスが凝縮したサイドビューはため息が出そうな美しさだ。

DBS GTザガートは本年第4四半期、DB4 GTザガート コンティニュエーションは来年第4四半期にデリバリー開始となり、ペアでの購入が必須。価格は2台で600万ポンド(約8.7億円)と高額だが、希少価値を考えれば瞬時の完売もあり得そうだ。

最終更新:4/17(水) 8:05
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ