ここから本文です

「一緒に走るの楽しかった」 暴走族「鎌ケ谷南無場阿腕」ら少年13人摘発

4/17(水) 10:55配信

千葉日報オンライン

 千葉県警交通捜査課と鎌ケ谷署は16日、道交法違反(共同危険行為)容疑で、暴走族「鎌ケ谷南無場阿腕(かまがやなんばーわん)」のメンバーや高校生ら鎌ケ谷市や船橋市などに住む当時17~15歳だった13人を摘発したと発表した。「イレブンスリー暴走」などと称して昨年11月3日、バイクで集団暴走をしたとされる。

 同課によると、13人は同日午後10時5分ごろから約10分間、鎌ケ谷市道野辺本町2の鎌ケ谷駅東口交差点付近の路上でバイク7台に分乗し、信号無視や車道に広がったり、交差点内で渦を巻くように走行したりする危険な集団暴走を繰り返した疑いが持たれている。

 12人を逮捕・送検し、1人を書類送検した。うち2人は無免許運転だった。「一緒に走るのが楽しかった」などと全員が容疑を認めている。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事