ここから本文です

都市型スポーツ世界大会「FISE」 19日の開幕を前に選手らが意気込み

4/17(水) 19:39配信

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

19日から広島市で開催される都市型スポーツの世界大会「FISE(フィセ)」を前に出場選手らが広島県庁を訪れ、大会をPRしました。

17日は開幕を前に主催団体の関係者や出場するトップ選手らが県庁を訪れ湯崎知事に大会にかける意気込みなどを語りました。パルクールに出場するZEN選手は「広島という地で生でパフォーマンスを見てもらえる機会なので、自国の選手として結果をもって盛り上げていきたいと思いますので応援のほどよろしくお願いします」と話しました。「FISE」はBMXやボルダリングなど東京オリンピックの新種目を含む都市型スポーツの世界大会で去年に続き、今年も広島で開催されます。今回の大会では新たにエキシビションとしてコンピューターゲームで競う「eスポーツ」や「スポーツけん玉」なども実施されることになりました。「FISE HIROSHIMA 2019」は、19日から3日間の日程で中区の旧広島市民球場跡地などで開かれ、去年を上回る10万人の来場を目指しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事