ここから本文です

江汐公園のコバノミツバツツジが見頃 山陽小野田

4/17(水) 15:35配信

宇部日報

21日にはまつりも

 山陽小野田市の江汐公園で、かわいらしい薄紫色のコバノミツバツツジが見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。第51回つつじまつりは、21日午前10時から開かれる。


 コバノミツバツツジは、遊歩道沿いを中心に5万本が自生している。今年の花期は例年より少し遅れており、まつりが開かれる21日ごろに満開となる見込み。今月末まで楽しめる。


 園内では、真っ赤なキリシマツツジ、ピンクや白のヒラドツツジも咲き始めている。


 まつり当日は、管理棟周辺で開会式典、餅まき(午前10時20分、午後2時50分)がある。ステージイベントには、高千帆中吹奏楽部をはじめ、キッズダンスチームやバンドグループが出演。飲食バザーコーナーには、うどん、たこ焼き、フランクフルト、ジビエ料理などの店が並ぶ。


 Ejioスタンプラリーは先着150人対象で午前10時半から。自然保護協議会による園内散策ツアーは午前11時と午後1時から行われる。このほかにも、人力車乗車体験(一般500円、中学生以下300円)、ニュースポーツ体験、フリーマーケット、山野草展などがある。

最終更新:4/17(水) 15:35
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事