ここから本文です

涌谷町で一足早く田植えが始まる

4/17(水) 19:28配信

KHB東日本放送

涌谷町吉住の農家・黒沢重雄さんの水田では一足早く田植えが行われました。17日は先月2日に種まきして12センチほどに育った「おもてなし」の苗を植えていきました。
「おもてなし」は「ひとめぼれ」が変異した早稲種の米で「ひとめぼれ」よりおよそ1カ月早く収穫できます。
今年は先月下旬から今月にかけて雪が降るなど気温が低かった影響で、草丈は例年より2センチほど短めですが、このところの暖かさで順調に生育しているということです。
黒沢さんは「夏は夏らしく、暑い夏が来ると思いますので、そこに向かって良いお米が取れるように頑張っていこうと思う。稲刈りするころには元号が変わり令和という最初の年のお米になるのかな」などと話していました。
黒澤さんは「おもてなし」を5ヘクタールに作付けし、20トンから25トン収穫する予定です。

最終更新:4/17(水) 19:28
KHB東日本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事