ここから本文です

『藁の楯』ハリウッドリメイクが決定

4/17(水) 14:00配信

ぴあ映画生活

映画『藁の楯』が、ハリウッドでリメイクされることになった。タイトルは『Manhunt』。

日本版では、10億円の賞金がかけられた犯人が福岡から東京まで護送される設定だったが、アメリカ版では賞金が10億ドル、護送はニューヨークからL.A.になるようだ。脚本は、クレイトン・ローゼンバーガーとケイトリン・ベネディクトが執筆。プロデューサーには、ポール&クリス・ワイツも名を連ねる。撮影開始は、この夏の終わりか秋頃になる予定。

木内一裕の原作小説を三池崇史監督が映画化したオリジナルの『藁の楯』は、2013年の公開作品。カンヌ映画祭のコンペ部門でも上映されている。

文=猿渡由紀

最終更新:4/17(水) 14:00
ぴあ映画生活

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事