ここから本文です

JR埼京線、線路内から発煙…中浦和―武蔵浦和間 消火活動などで遅れ 乗客2300人に影響

4/17(水) 7:58配信

埼玉新聞

 16日午後1時15分ごろ、埼玉県さいたま市南区別所7丁目、JR埼京線の中浦和―武蔵浦和間を走行中の大宮発新宿行き上り普通列車の運転士が線路内から発煙していることを確認し、停車した。

JR埼京線の人身事故 大学生が死亡…駅に列車進入の際、ホーム飛び降り線路でうずくまる/戸田

 JR東日本大宮支社によると、線路の枕木付近から発煙し、駅係員が消火活動を行った。線路、設備の安全確認を行い、約25分後に運転を再開した。けが人はいなかったという。埼京線は下り1本が大宮―川越間で区間運休、上下8本に最大23分の遅れ、乗客約2300人に影響が出た。

最終更新:4/17(水) 7:58
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事