ここから本文です

UCC カフェロボット提案 人手不足解消へ機械化推進

4/17(水) 14:44配信

食品新聞

様々なコーヒーやドリンクを提供するだけなく、ドリッパーの洗浄やコミカルなパフォーマンスによる呼び込みなど多岐に稼働するカフェロボットが登場した。人の表情を認識して話しかけることもでき、AIを使ったデータ分析で顧客の反応や好みを把握し接客スキルも向上し続けるという。

これは、UCCグループとQBIT Robotics(ロボティクス社)が共同提案する「&robot cafe system by UCC」。「&robot」は、効率化や合理化よりも人の気持ちを動かすことを第一に考えるロボティクス・ブランド。UCCホールディングスは、ロボティクス社に出資しUCCグループが蓄積してきたコーヒーやコーヒーショップ運営に関するノウハウを投入してサービスロボットの開発・運用支援を行っている。

販売は、UCCグループのラッキーコーヒーマシンが手掛ける。ラッキーコーヒーマシンはロボティクス社とコーヒーを提供するサービスロボット販売に関する独占代理店契約を締結。カフェロボットに必要なコーヒー豆や食材等は、業務用サービス事業を展開するユーシーシーフーヅ(UF)が提供する。

業務用市場では、人手不足が切実な課題。これを受けUFでは“未来のカフェに、会いに行こう”をテーマに全国7会場で業務用食品展示商談会を開催し、カフェロボットをはじめIoT機能を取り入れた全自動ドリップマシンなどを提案して機械化を推進している。

16日、東京会場で会見したUFの川久保則志社長は「お客様(外食などの得意先)の売上単価を上げることと人件費を抑えた簡単なオペレーションが大きなテーマ。昔は新規店5軒のうちコーヒーマシンの導入は1軒の割合だったのが、今は5軒オープン中4軒がマシンを使っている。ボタン1つでお客様に喜んでもらえるメニューを提案できるかが重要」と語った。

これは、UCCグループとQBIT Robotics(ロボティクス社)が共同提案する「&robot cafe system by UCC」。「&robot」は、効率化や合理化よりも人の気持ちを動かすことを第一に考えるロボティクス・ブランド。UCCホールディングスは、ロボティクス社に出資しUCCグループが蓄積してきたコーヒーやコーヒーショップ運営に関するノウハウを投入してサービスロボットの開発・運用支援を行っている。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 14:44
食品新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事