ここから本文です

変革に消極的なカルバハル 今季のチーム内ベストプレイヤーを明かす

4/17(水) 8:19配信

SPORT.es

レアル・マドリーの右SBダニ・カルバハルは、マドリーがブタルケでレガネスと1-1で引き分けた後に、夏の移籍市場でチームが変革を行う必要性はないと考えていることを明らかにした。

ジダンが選手の姿勢に不満「大きな改善が必要」これでは大量放出やむなし

「僕はこの事について決断を下す人物ではない。この事について取り組んでいる人達は、チーム内で何が必要とされており、他のクラブのどの選手がチームを助ける事をできるかについて注視する必要がある。僕は変革の必要があるとは思わない。ここ数年、チームはわずかしか手直しをしておらず、僕らは1,000日の間に、3度のヨーロッパ王者に輝いている」と発言した。

補強メンバーとして名前が挙がっている選手の一人であるベルギー人MFのエデン・アザールに関しては、「ここのロッカールームにいない選手に関して、僕らが話すことはないよ。僕らは自分達自身に集中しているし、チームを助ける選手を連れてくることは、それを行う人達の仕事だ」とコメントした。

レアル・マドリーの得点者であるフランス人FWカリム・ベンゼマのゴールに関して、「彼はファンタスティックなシーズンを送っていると思う。毎シーズン素晴らしいゴールを決めている彼を祝福したい。もしポジティブな面で誰か一人を評価しなければいけない場合、今年は彼がベストプレイヤーだと言うことができるだろう」と明らかにした。

既にチームはどの大会においてもタイトル争いに参戦していないが、カルバハルは今シーズンが彼にとっては無駄ではないことを主張し、複数の選手達は将来のことを考えながらプレーしている感覚がある事について話した。

「このクラブは僕ら全てのメンバーに高いレベルを求める。もし良質な1年を送ることができないのであれば、僕らに疑問が投げかけられる可能性があるし、来シーズンここにいない可能性だってある。この現実と共にプレーしなくてはならない」

「何のタイトル争いをすることもなくプレーすることは難しい。選手の士気は、タイトルをかけて戦っている時に比べると高くないよ。タイトル争いをすることなくプレーすることは最も難しいことだが、僕らはプロフェッショナルで、残された試合に勝利する必要がある。そこから来シーズンは誰がチームに残り、誰が去っていくかわかる事になるだろう。大事なことは僕ら全員が強く、全てをかけて戦うために一体感のあるグループを作ることだ」と締めくくった。

SPORT.es

最終更新:4/17(水) 8:19
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事