ここから本文です

ジョコビッチ 辛勝「緊張する公式戦は違う」 2時間半超えの熱戦制す<男子テニス>

4/17(水) 11:03配信

tennis365.net

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は16日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク40位のP・コールシュライバー(ドイツ)を6-3, 4-6, 6-4のフルセットで破り、辛くも初戦突破を果たした。

【錦織、ジョコビッチらモンテカルロ対戦表】

2015年以来4年ぶり3度目の優勝を狙うジョコビッチは第1セットを先取したが、第2セットではブレークを許した際にラケットを破壊。ファイナルセットもミスを重ねるなど苦戦するも、コールシュライバーに握られた4本のブレークポイントをしのぎ、2時間36分の熱戦を制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはジョコビッチのコメントが掲載されており「アップダウンがあったし、コートでは少し鈍さも感じた。もちろん、難しい場面もあった」と振り返った。

今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)3回戦でコールシュライバーに苦杯を喫していたジョコビッチは「フィリップ(コールシュライバー)はインディアンウェルズで僕を倒した。それは1カ月未満に起きたことだから、当然頭の片隅にあった。彼は色んなリズムを混ぜたり、いいプレーをしたのは、さすがだった」と語った。

3回戦では、世界ランク24位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)と同65位のT・フリッツ(アメリカ)の勝者と対戦する。

「この勝利を受け入れて、次の試合は少しでもいいプレーができたらと願っている。なぜなら、この大会で上位へ進みたいと望むなら、確実に自分のテニスをレベルアップさせなければいけない」

「クレーの最初の試合で2時間半の時間をコートで費やせたのはよかった。このサーフェスは肉体的に労力が必要。技術的にも、1ポイントを作り上げなければいけないし、忍耐が必要。ボールに、よりスピンをかける必要がある。練習で試合形式のゲームは何回もしていたけど、緊張する公式戦は全く違う」

同日の2回戦では、第9シードのB・チョリッチ(クロアチア)と第11シードのM・チェッキナート(イタリア)が3回戦へ進出。第7シードのM・チリッチ(クロアチア)と第8シードのK・カチャノフ(ロシア)は初戦で姿を消した。

最終更新:4/17(水) 11:03
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事