ここから本文です

日産「GT-R」2020年モデルを発表|NISMO、50周年記念モデルも

4/17(水) 16:01配信

オートックワン

GT-Rに2020年モデルが続々と登場

日産は2019年4月17日、同年6月に発売予定の「GT-R」2020年モデルを発表した。併せて「GT-R NISMO」の2020年モデル、「GT-R 50th Anniversary」モデルも公開した。

■50周年でどれだけ変わった? 初代GT-R~2020年モデルを画像で見る

「GT-R」2020年モデル

■パワートレインには「GT-R NISMO」搭載の“レース用の技術”を採用

日産「GT-R」2020年モデルは、これまで以上に“速さの質”を追求したモデルとなっている。2020年モデルのパワートレイン(3.8リッターV6 24バルブツインターボエンジン)には、「GT-R NISMO」に搭載しているターボ高効率化技術「アブレダブルシール」を採用。この技術は、レース用ターボチャージャーにも多く使用されている。

■速さ・応答性・乗り心地の質をより向上させた

街乗りからサーキットまであらゆるシーンにおいて、最適なギア段を選択し、コーナリング時にエンジンパフォーマンスを堪能できる変速を実現するため、Rモード専用のアダプティブシフトコントロール(ASC)のシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定。

コーナー進入時のブレーキングでは、積極的に低いギア段を選択し、鋭いコーナー進入と同時に、再加速時の駆動レスポンスが向上されたことで、より鋭いコーナー加速を実現。また新たなサスペンションセッティングを行い、速さ・応答性・乗り心地の質を向上させた。

さらに、ブレーキは従来よりも軽い踏力で制動力が立ち上がるよう、ブースター特性のチューニングにより初期の効き感を向上させ、短いストロークで効きが立ち上がるコントロール性の良いブレーキを採用した。

■ボディカラー

ボディカラーには、見る角度により表情を変える新色の「ワンガンブルー」を設定。ワンガンブルーは、青色の透明ベースに光干渉顔料を追加することで、ミステリアスな色の変化を愉しめるようになっている。
また、職人が一つ一つ手作りで加工した青く輝くチタン製のエキゾーストフィニッシャを採用し、よりスポーティな印象を与えるマフラーと、新デザインのホイールが2020年モデルの存在感をより際立たせた。

■「GT-R」2020年モデルのグレードと価格
・GT-R Pure edition:1063万1520円
・GT-R Black edition:1253万9880円
・GT-R Premium edition:1210万5720円
※いずれも消費税込み

1/3ページ

最終更新:4/17(水) 16:06
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事