ここから本文です

今では微妙な(?)名を持つお洒落系、カリーナEDは現代のセダン・トレンドを先取りした天才的ヒット作

4/17(水) 11:03配信

carview!

今年も幕張メッセで開催されたヘリテージカーの祭典「オートモビルカウンシル」の取材に行ってきました。国産車が絶頂へと登り詰めた80年代を特集する「百花繚乱80's」では、一斉を風靡したちょっと古い国産車に、おじさん達も目を細めて懐かしそうでした。

>>カリーナ ED フォト集<<

「カリーナ ED」は“世界でもっとも車高が低い量産4ドアハードトップ”という売り込みで1985年に発売。

セリカのFFプラットフォームを使った4ドアセダンで、1310mmとスポーツカー並に低い全高、ピラーレスの4ドア、グリーンに光るテールのエンブレムなど、とにかく見た目を重視したスタイリングが時代の空気を掴み、「マツダ ペルソナ」や「日産 プレセア」など、各メーカーからもフォロワーが登場するほどのヒット作となりました。

実は、エレガントな雰囲気がもてはやされたとはいえ、硬派なクルマ専門メディアからは軽薄なイメージで嫌われたりもしたようです。しかし今になってみると、ドイツメーカーを中心にクーペスタイルのセダンが人気で、ブランドロゴをLEDで発光させるデザイン手法もトレンドになりつつあります。ある意味、時代を先取りしていたことになるかも。

ちなみにEDは“エキサイティング・ドレッシー”の略。この頃はまだ、同名の男性の悩みは知られていなかったんですね。

最終更新:4/17(水) 11:03
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事