ここから本文です

タレント八波一起さん「葉っぱも一気に」 いすみ市で「オリーブ栽培プロジェクト」始まる

4/17(水) 11:53配信

チバテレ

チバテレ(千葉テレビ放送)

 オリーブの木が茂る豊かで活気あるまちを目指そうというプロジェクトがいすみ市でスタートしました。いすみ市松丸にある農地で16日、オリーブの苗木の植樹式が行われました。

 式典ではオリーブ栽培プロジェクトのスタートを祝って、チバテレの情報番組「熱血BO‐SO TV」の総合司会でいすみ大使の八波一起さんが、いすみ市の太田洋市長にオリーブの苗木108本を寄贈しました。この後2人はスコップを手に土を掘り起し、記念となるオリーブの苗木を植樹しました。

いすみ大使八波一起さん
「(オリーブは)まだ小さな苗木だが、これが大きな木になって実を結び、“葉っぱも一気に”茂って、いすみ市の一大産業になってくれることを祈念して寄贈させていただいた」

いすみ市 太田洋市長
「新しい品種の農業を開拓することで農家が就農する、また地域の農家も新しい仕事として手作業のかからない農業として進んでいくと思う。ここに団らんの場をつくって、お茶を飲んだりオリーブを収穫したりできる場にもしたい」

 この農地には水と肥料を混ぜ合わせた液肥を最適な量とタイミングで与えることができる最先端の自動潅水システムが導入されていて、農作業の効率化などに関する検証も行われるということです。

 いすみ市はオリーブの栽培を通じて、農家の所得向上や遊休農地の再利用を促したい考えで、今後は地域おこし協力隊と連携しながら、オリーブをいかした地域の特産物づくりにも取り組みたいとしています。

チバテレ(千葉テレビ放送)

最終更新:4/17(水) 11:53
チバテレ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事