ここから本文です

ソニー、プレイステーション5(仮)の詳細明かす。PS4と互換性、SSDおよび光学ドライブ搭載 etc…

4/17(水) 21:07配信

Engadget 日本版

長らく巷の噂レベルでしか語られなかったPlayStation 4の後継機、いわゆるPlayStation 5(仮称/以下PS5)に関して、初めてその詳細が明らかになりました。

テクノロジー系カルチャーメディアWiredは『マーブルマッドネス』や『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』の開発にも関わった伝説のプログラマーで、PS4およびPS Vitaのリード・アーキテクト、マーク・サーニー氏にインタビューを行いPS5の詳細情報を伝えています。
サーニー氏いわく「次世代コンソール」(PS5)は2019年内での発売予定はなし。しかし、ゲーム開発者に開発キットの配布を加速していると述べ、すでに新ハードを熟知してもらう期間を設けていることを示唆しています。

スペック面では、PS5はAMDの第3世代Ryzenをベースとした8コアCPUとカスタムAMD Radeon Navi GPUを搭載。これによりグラフィック面では3D環境での複雑な相互作用を演算できるレイトレーシングもサポートし、ハリウッド映画のVFXでは普及しているがゲーム機では不可能だった表現も実現するとのことです。

そして音響面では3Dオーディオをサポート。「PS3とPS4の移行に際してオーディオ面が変らなかったのは、ほんの少し不満があったんです。次世代コンソールでは、オーディオ経験がどのように劇的に変るかを見せたいですね。そのために、かなりのハードウェア処理能力を割きます」ということで、大幅にアップしたプロセッサの馬力をAV面の強化に充てる抱負が語られています。

次世代ゲーム機でCPUやGPUが強化されるのは予想の範疇内ですが、サーニー氏はそれ以上に内蔵ストレージからのデータ読み込みの速さを強調。PS5には従来のハードディスクに換えてSSDが搭載され、PC用に入手できるどのSSDよりも帯域幅(データ転送速度の目安)が広いとのことです。

そのデモとして、サーニー氏は現行モデルのPS4 Proと次世代用の開発キットで同時に『Marvel's Spider-Man』を起動。彼がコントローラーのボタンを押すと早送りの画面(おそらく離れた別の地点にワープするファストトラベル)が表示され、前者では15秒が経過。それに対して次世代キットでは1秒未満の速さだったそうです。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 21:07
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事