ここから本文です

トマト栽培のノウハウを伝え、農業の担い手育成へ 高梁市で「トマトスクール」始まる 岡山

4/17(水) 18:30配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山県高梁市で、地域に根ざした農業の担い手を育成するためのトマトスクールが始まりました。

 トマト栽培のノウハウを伝える「トマトスクール」には、新規に就農する人や定年退職後に農業をする8人が参加しています。

 高梁市は岡山県で最大のトマトの産地ですが、生産者の高齢化や後継者不足などの問題があります。これまでに120人ほどが受講し、そのうち14人が高梁市でトマトの栽培に取り組んでいます。

 17日は、担当者より産地の概要や特徴について学んだあと、実際に栽培を手がける苗をポットに植えつける実習をしました。

(受講生は-)
「高梁市でトマト作りをして、地域の方に認められる農家になりたいと思っています」

 講座は収穫が終わる10月まで毎月1回、実習を中心に6回行われます。

最終更新:4/17(水) 18:57
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事